未分類

エイジングケアに効く美肌の人気化粧品、SK-Ⅱかずのすけ紹介!

高級デパコスの代名詞ともいえる存在感で美容好きには知らないものはいないと思う商品、SK-Ⅱの紹介です。

SK-Ⅱフェイシャル トリートメント エッセンス、通称ピテラ™エッセンスの正体、美肌効果は?

かずのすけさんが「Wprd Pitera ™Day (7/13)行かれて、研究者の方から直に伺ったお話を紹介しています。

今までかずのすけさんが動画でSK-Ⅱやピテラ™についてのお話はこれまでの動画で何度か取り上げていますが、今回の内容は後半に初めてお話するものもになります。

このピテラ™エッセンスは230ml入りで22,000円と大変なリッチな価格のアイテムなんですけれど、成分のほとんどが貴重な美肌効果で構成されているということを考えると、その効果さもうなずけると思います。


今回のイベントではピテラ™の美肌効果の秘密について大変興味深いお話をお聞きできたので、その時のお話を基に、ピテラ™の正体について考察していきます。

SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンスの
成分解析

まずはフェイシャルトリートメントエッセンス(通称ピテラ™エッセンス)の成分につて見ていきたいと思います。

非常に特徴的なのが「水」の記載位置が一般的な化粧水では水が全成分最も多い成分なので最初に記載されのが通例となっています。
一方ピテラ™エッセンスでは水ではなく「ガラクトミセス培養液(ギュウニュ)という成分がトップに記載されているのが注目のポイントですね。

その他には主にBGという基剤の保湿成分以外は全て防腐剤やその補助成分が配合されているのみです。海面活性剤や香料、着色料、科学的な保湿成分などは一切添加されていません。つまり「ピテラ™エッセンス」とは実質的「ピテラ™そのもの」と言ってもいいでしょう。

全成分:
ガラクトミセス培養液(ギュウニュ)、BG、ペンチレングリコール、水、安息香酸Na,メチルパラペン、ソルビン酸

このピテラ™エッセンスは230ml入りで22,000円と大変リッチな価格のアイテムなんですけれども、成分のほとんどが貴重な美肌成分で構成されているということ考えると、その高価さもうなずけると思います。

同じ成分でも全く別物!?「ピテラ™」が唯一無二の理由。

この「ピテラ™」の主成分である「ガラクトミセス培養液」という成分についてなんですが、かつて他社製品でも同じ「ガラクトミセス培養液」という成分90%以上配合されている製品で、しかも安価な製品があることが話題になったことがあります。

「ピテラ™」と同じ成分が安く購入できるということで、一部界隈で大変人気を博しました。しかしこれはかずのすけさんもかつての動画で解説したことがあるように結論としては同じ「ガラクトミセス培養液」という成分が主成分に配合されていたとしても、SK-Ⅱ以外の製品は「全く別物」です。

これはなぜかというのは「ガラクトミセス培養液」という成分なんですけど、特徴的なもので「ガラクトミセス」っていう酵母ですね。お酒などの発行に使われる酵母菌の名前を「ガラクトミセス」という風にいます。この「ガラクトミセス」という酵母を使って何らかの物質を発酵させて得られるエキスの総称を「ガラクトミセス培養液」といいます。

このガラクトミセスが発酵して得られたエキスは全て「ガラクトミセス培養液」という「同じ名所で表示されるというのが化粧品のルール」になっていますので、それが何を原料にしたものかとか、どのような方法で発酵したものかとか、様々な要素を全てひっくるめて、一括で表記されてしまうということです。

しかも「ガラクトミセス」という酵母には「株」といってグループがあるんです。種類のようなもので、その株のグループがなんと100万種類以上あるため、少なくても同じ酵母菌株を所有していない限りは発酵法とか原料とかを揃えたにしても、同じ物を再現することは不可能という実態があったんです。


1,000円のお酒と数万円のお酒があるように、一括り「ガラクトミセス培養液」と言っても、それぞれ全く違う物になるんです。

ちなみにピテラ™は発売以降現在まで滋賀県の専用工場のみで製造を行っている門外不出の成分のため、たのメーカーさんに原材料事態を販売するということを全くしていない成分ですから、他社が同じ成分を配合する、作ることは元々無理だし、それを買い付けて配合するということも、絶対不可能なんだそうです。

つまり成分名が同じだからといっても同じ成分とは思ていけないということです。

 

ピテラ™は50種類以上の美肌成分の複合エキス

ここから肝心の「ピテラ™」の正体につて考察していきます。

基本になる成分は「アミノ酸類」や「ビタミン類」「有機酸類」などの美肌成分が50種類以上複合的に含まれているということを「Word Pitera ™ Day」で教えていただきました。

「ガラクトミセス培養液(ギュニュウ)」と書いてあって、ギュニュウって書いてあるからら牛乳を培養したのかと思うところなんですが、実際にはそうじゃなくて、牛乳から取り出した成分などを含む培養液を酵母に食べさせて培養すると、こうした50種類以上の美肌成分が出来上がるそうです。

お酒の発酵から着想しているものではありますが、「ピテラ™」の使う独自の「ガラクトミセス酵母」はアルコールを発生させないので「ピテラ™」」にはアルコール、つまりエタノールは一切含まれていません。

そしてこの主要成分をお聞きした時に、かずのすけさんは「なんだかあれに似ている」と感じられたそうです。それはお肌の天然保湿、「NMF」という成分です。

ピテラ™の正体 NMF

NMFはNatural Moisturizing Factor のことで、簡単に言いますと天然保湿成分のことをさします。これは基底層で作られた角質細胞がターンオーバーをする際に、徐々に分解すると生じていく肌本来の保湿成分ですね。お肌に元々存在していて水分を閉じ込める役割をしています。
それが先程の表示したピテラ™の骨格成分と非常に類似しているということが言えます。

この主成分は「アミノ酸(約40%)」そして「有機酸類(約20%)」「ミネラル類(約10%)」などとなっております。

このNMF成分は最近乾燥肌や敏感肌のケアなどに非常に着目されている成分であり、セラミドやその他の肌本来の美肌成分の1つとして
「NMF」が不足することは、肌本来の保湿力が低下してしまうということがありますね。

それによって乾燥肌になったり、乾燥小じわや毛穴の目立ちなどが生じる要因となります。
あとは有機酸がしっかりあるとお肌のターンオーバーを進めていくことができるんですけど、これが不足するとターンオーバーが滞りやすくなるということも有りますので、透明感が低下する、ごわついた肌になりやすい、というような肌状態になってしまうことが考えられます。

これらの結果を考えると「ピテラ™」によく期待されている美肌効果の保湿効果やあとは保湿によってふっくらさせたり毛穴を目立たなくさせる効果お肌の保湿効果によって透明感を引き上げてくれたり年齢に伴う乾燥などをケアするエイジングケア効果がピッタリ当てはまるというのも納得できます。

ピテラ™の美肌効果
✔保湿効果
✔ハリを与える
✔毛穴を目立たなくさせる
✔保湿による透明感
✔エイジングケア

 

「ピテラ™」は40年以上前から親しまれていt成分ですが、その時より既に最近やっと注目され始めてきたNMF補給の礎を築いてきたとしたら、これだけロングセラーで人気を保ち続けている理由もなんとなくわかってきますね。


SK-Ⅱピテラ™エッセンスの使用感

というわけで「ほぼピテラ™」である「ピテラ™エッセンス」の使用感をチェックしていきたいと思います。

230mlのボトル、でっかいですね。ガラスの瓶に入っています。使用感はとても好きです。
かずのすけさんはアトピー肌質で使えない化粧品もとても多いんですけど、こちらはエタノールフリーになっていて、その他の刺激物もほぼ含まれていないため、刺激感をほぼ感じさせない使用感になっています。

さらにグリセリンフリーになってて、大変サラサラn使用感が特徴的です。グリセリンのべたつき感や毛穴の目立ちなど苦手なかたにもおすすめできます。

なんとなくSK-Ⅱって年配の方向けのイメージがあると思うんですけど、「ピテラ™エッセンスって」はむしろ若い方や男性の方にも使って頂きたいやすいのテクスチャーの化粧品になっています。

やはり一番優秀だなと感じるのが「角層浸透力」で、お肌にもともと存在するNMFと大変類似の成分になっていているということから、お肌にまるで吸い付くように入っていて角層の隅々に素早く浸透していく使用感が、大変素晴らしいと思います。

肌本来のNMF類似成分が含まれているため、かなりサラサラしていて保湿力があるのかなと不安になる方もいらっしゃるぽいですけど、ほぼこの化粧水だけでも1日潤いが続くという声も沢山あるように、乾燥感はほぼ感じない保湿力も流石の一言だと思います。

ただ一点これだけはね、好き嫌いが分かれるポイントだなと思っているのがあるんですけど、ピテラ™特有の香りがあるんです。この香りなんですけどとても不思議な事に製品自体を香ってみてもほぼ無臭で全く匂いはは感じないのですが、化粧水を肌に付けると発酵そのものの香りが香ってくるようになりまして、これが気になる方がいらっしゃるかもしれません、ただこういう特殊な効果の作用からこれがすごく好きという方もいらっしゃるし、ちょと苦手だなという声もあるような感じなので、ご利用者の好き嫌いになるのかなと思います。

SK-Ⅱ最新研究で判明した【肌ゆらぎ】について

最後に先日参加したイベントで大変感銘を受けた「肌ゆらぎ」についての研究内容がとても面白かったのでそれを簡単にお話しておきたいと思います。

SK-Ⅱの最新研究によりますと、肌は「一日うちでかなり揺れ動いている」ということが明らかになった。これはSK-Ⅱさんの「皮膚撮影の技術」っていう物を使いまして、被験者が自宅で毎日朝か朝ちょっと時間が過ぎてから夜の洗顔後とかそういうのを詳細に画像を蓄積していって、それを解析していった結果、おはだっていうのは一日のうちですごく良くなったり、悪くなったりっていうのを繰り返しているそうです。

1日のうちで肌の状態を、起き抜けから、数時間後、就寝前などの時間経過でもどんどん肌の調子が変わっているということが「肌ゆらぎ」という風に定義しているんですけど、特に女性のお肌はニキビや睡眠不足のクマだけでなく1日のうちでも乾燥とか毛穴目立ち、乾燥による赤ぐすみ、透明感など変化しているということが分かったそうです。

特に近年マスク生活などでこのゆらぎが大きくなればなるほどはだの不調を定着化してしまって、エイジングサインとして現れていくそうです。これが継続していくとはだの調子が悪化しやすいという肌状態になっていくのではないかという風に考えられているようです。

はだが基本的に潤った美しい状態というものを保ち続けることが出来るというのが今回の研究で分かったことです。つまり毎日お肌があまり揺らがないような状態にしておくということです。

ピテラ™はこの肌揺らぎにもアプローチできるということで、マスク生活などで揺らぎがちなお肌にも大変おすすめです。

唯一無二の発酵エキス「ピテラ™」」の正体とその効果

SK-Ⅱさんのタイアップで「ピテラ™エッセンスとその成分である「ピテラ™」について解説されていました。

さらに門外不出唯一無二の発酵エキス、ピテラ™を90%以上配合している化粧品業界屈指の名作の一本と言えると思います。

ピテラ™が人の肌に本来から存在する天然保湿因子であるNMFと類似性の非常に高い成分で構成されているということが分かりまして、乾燥肌、毛穴悩み、透明感、夏のエイジングケアの悩みにありがちなお肌のべたつきやハリの低下など、エイジングケアに優秀な製品と再認識できました。

230mlで22,000円と非常にリッチなアイテムですが、美容を愛する方ならぜひ一度ご哀歓をいただきたい逸品です。

「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」